交通事故の示談交渉術

交通事故の示談交渉は弁護士へ相談!

事故で大会に出られなかった弟

私の弟が交通事故に遭い、右手首を骨折しました。部活後に、車に撥ねられたのです。弟のほうに全く否は無く、車の信号無視でした。弟はバスケ部なのですが、大会も近かったのに出られなくなってしまいました。 メンバーにも選ばれていたのに、怪我のためもちろん補欠にも入れませんでした。弟はかなり落ち込んでしまいました。その大会にかなりかけていたということもあり、怪我以上にショックだったという印象です。

交通事故のケガでバスケができなくなる

怪我自体は順調に治っています。ですが、あの大会に出られなかった、そして、未だにバスケが出来ていないというのは弟に確実に影を落としています。怪我が治れば、それで終わりというわけではないのです。ただ、怪我が終わればバスケも少しずつ出来るようになり、弟も元気を取り戻してくれるということを信じるしかありません。確かにまだバスケが出来る状況ではありませんが、もう一生出来ないくらいの重傷というわけではありません。

少しずつでいいから、なんとか立ち直って欲しいです。それと同時に、弟をここまで追い詰めた運転手は許すことが出来ません。反省しているのか否かは、私には分かりません。ですが、もし反省していなかったら、弟が可哀想で仕方ないです。弟には絶対に立ち直ってもらって、また元気にバスケをしてほしいです。そうでないと、悔しくてたまりません。

交通事故の慰謝料請求は弁護士へ